銀行でお金借りる

MENU

銀行ローンで借りるコツ

パートで収入のある主婦と収入のない専業主婦とでは条件が異なります。
まずパート勤務の主婦のように、パートやアルバイトなどでも一定の収入があるなら特に問題はなくお金を借りることができます。
問題は、収入のない専業主婦です。
全く収入がないと、やはり借りられないところも多く、実際に断られることもあります。
しかし、銀行カードローンなら専業主婦でも審査が通る可能性が高いのです。
その理由は、銀行は総量規制の対象外になるからです。
総量規制とは、「借入の限度額は年収の3分の1まで」という賃金業法で定められている借りすぎ貸しすぎを防ぐ法律のことです。
これは消費者金融や信販会社などが総理の対象となっていて、銀行カードローンは対象外となっているので、自分に収入がなくても配偶者に安定した収入があれば借入が可能なのです。
銀行なら専業主婦であってもお金は借りられます。
懸念されがちな旦那さんへ借入したことがバレることもありません。
銀行カードローンは配偶者の同意書や収入証明書は必要なく、融資を受ける契約者本人の身分証があれば借入ができます。
申込もネット完結で、WEB契約なら誰かに姿を見られることもありませんし、早めの申込なら即日融資も可能です。
それと、もう一つ専業主婦でもお金を借りれる方法は、配偶者貸付です。
これは、「夫婦の合計年収の3分の1まで借入ができる」という総量規制の例外となるものです。
夫婦の合計年収が600万なら200万まで融資を受けることができます。
この配偶者貸付でお金を借りようとなると、通常の申込の他にいくつかの書類を提出しなければいけません。

  • 配偶者の同意書
  • 住民票または戸籍謄本
  • 配偶者の収入証明書

配偶者の同意書が必要だと、旦那さんに内緒でお金を借りることはできませんね。
さらに、配偶者貸付を行っている大手の消費者金融数社も条件として「契約者本人に安定した収入があること」が義務付けられています。
これは総量規制対象となる信販会社でも同じことです。
つまり、実質銀行カードローン以外では収入のない専業主婦がお金を借りることはかなり難しいということです。
総量規制が定められて厳しくなったようですね。
しかし、銀行カードローンなら消費者金融に比べて金利も低いところが多いですし、何より内緒でお金を借りられるので、一度審査を受けてみることを検討するのも良いかも知れませんね。